アクセスカウンタ

Daisy's Guitar Workshop

プロフィール

ブログ名
Daisy's Guitar Workshop
ブログ紹介
ギターやベースの製作&修理改造、
楽器用アンプ・システムやリスニング・オーディオ・システム作り&改造ドキュメント。
zoom RSS

9ヶ月ぶりの更新です

2016/02/14 02:34
新しいウェブに移行しますと発表してから早9ヶ月。

あれから数本のギターを作りましたが、訳あって2016年2月、楽器製作を断念することになりました。
ものを作るのは本当に楽しく意義のあることだと思います。
もの作りを通して多くのことを学べたような気もしています。

次のステップへ向けての一般的なブログへ内容を切り替えます。

よろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


引っ越します

2015/05/06 10:30
ブログからウェブへ引っ越すことにしました。
時間がかかると思いますが、少しずつ進めます。

今後とも宜しくお願い致します。

One String Guitars
http://onestringguitars.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お知らせ

2015/05/04 15:56
2年ほど使ってきたこのブログですが、どうもDatabaseの不具合が発生しているようです。
ですので、ウェブへの移行を考えています。

全てのメイキング資料を整理するいい機会なのかもしれません。

さてどうなるか・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一気に完成

2015/05/03 17:31
元はナチュラルなのでクリアーが吹かれているだけのようですね、
サンダーですぐに落とすことができました。

画像


途中の写真を撮っていないのですが、もう色を吹いています。
チェリーを吹いた後アンバーを重ねました。

キャビティーの導電塗料は元から塗られていましたが、
オリジナルか後から処理されたのかは不明です。

画像


アッセンブリーのパーツはピックアップ(リード線が断線していましたが無事修復)を除いてすべて交換しました。
スイッチクラフト、CTS、オレンジ・ドロップです。

画像


で、セットアップして完成です。
危惧していたトラスロッドも効きましたのでなんとか楽器になりました。

画像


画像


画像


画像


画像


そうか・・・、このギターってこういう音するんだあ・・・。
日本製のギターの過渡期という感じですね。

まあこれはこれでいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「懐かしの・・・シリーズ」 第3弾

2015/05/03 11:44
シリーズ第3弾ははこれです。

画像


ヤマハSG30。
70年代初頭、ヤマハ音楽振興会が刊行していた「ライト・ミュージック」という月刊誌がありました。
購読し始めた当時、毎月裏表紙を飾っていたのがこのSG30の広告。
とにかくエレキギターが欲しかった当時を思い出します。懐かしいなあ・・・。

で、ようやく(?)手にできたので、早速分解です。
ネックはボルトオン、シムは入っていませんでした。

画像


座繰りはこんな感じです。
一見するとワンピースのように見えますが・・・・

画像


トップベニアの化粧板ですね。

画像


アッセンブリーとピックアップリングはなんと一体式。ここはちゃんとワンピースでした。

画像


アッセンブリーの裏です。
ピックアップにしっかりとSG30のスタンプが押されています。

画像


ペグとナットを外したところです。
トラスロッド・ナットが粉を吹いて、かつ緩んでいますが・・・・
ロッドは効くのか・・?

画像


さあ、まずは塗装剥がしです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


完成!

2015/05/01 03:11
ブリッジの位置を決めます。
写真はレーザーを使って6弦のラインを確認しているところです。

画像


ではブリッジ接着〜。

画像


で、弦を張って、ブリッジサドル&ナットをつけて、セットアップして・・・
完成!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


初めての箱もの、ようやく完成しました。
24インチのショートスケールもハードテンションの弦を使うことによって問題なし。
程よいテンションもあり、ピッチも安定しています。
ピック弾きにも追従してくれます。

板厚調整など適当に作った感も相当あるのですが、
これはこれでいいのではないかと・・・。
きちんと作られたギターと並べて音量比較するともちろん劣るでしょうが、
このソリッド感(?)は現場でも安心して使える感じがします。

音は立ち上がりがよく、パリンとしたバランスの良い音がします。

が、贈答用に作ったこのギター・・・、人に差し上げるとなると・・・?
どうにも納得いかないところが多々あります。

ですのでこのAC1は完成とし、AC3をスタートしそうした箇所を改善したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もうすぐ完成?

2015/04/27 12:28
サウンドホールをあけ直します。
箱にしてからあけ作業。。。変な感じです。

画像


で、トップをサンディングして、バックも同様に。

画像


先にネックを着色してしまったため、ネック接着の前にボディも着色しなければなりません。
仕方なく塗装の準備でマスキングです。

画像


先にバックとサイドに色を乗せます。

画像


トップも色付けしてバインディング周りを整えた後、もう一度モックアップ。

画像


ヒールキャップを用意して・・裏はこんな感じになります。

画像


ネックをつけた後クリアーを吹きます。
今回はアクリルを薄く吹いてみました。

画像


完成間近か・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Daisy's Guitar Workshop/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる